BAD Shiba MAX 改善日誌

気性が荒い柴犬MAXが良い子に近付いていく記録、になりますように - Days with Bad-Tempered Shiba Inu Dog with Hope for Improvement

2月2週目/豚骨で狂暴化

相変わらず興奮しやすい。すぐに飛びついてくる、手に持っている物に噛みつく、注意散漫。家の中を全力疾走でぐるぐる駆け回ることも多い。これでは家に人を呼べない。

息子が、最近Maxのことがかわいくなってきたと言って頭をなでた瞬間、息子の手を噛む。

不思議なことに、息子に対しては本気では噛まず、傷ができたことはない。犬なりに手加減しているのか。

夫と私には、前ほどひどくはないものの、いまだに傷ができる強さで噛む。

甘噛みはほぼなくなったが、それでも日々、何かと手に傷ができる。美容室で、「手が荒れてますねぇ」と、イスに座った瞬間にスタイリストさんに指摘される。

健太が好きな豚足をMaxにもやっていいものかどうか、以前に迷ってそのままになっていた。

骨付きの肉なんて食べさせて、野生の本能がむき出しになってさらに狂暴になったらどうしよう。

かかりつけの獣医さんに、健太に豚足をやっていることを話した時、骨がのどにささると取り除くのが本当に難しいから、骨を食べさせるのはお勧めしないと言われたこともある。

でも今日はバレンタインデーだし、何か喜ぶことをしてあげたい。

Maxに豚足を解禁。晩ごはんにやってみる。すると、心配したとおり喜びすぎて狂暴化し、噛みついてきた。

やめればよかった。骨系は、食事にもおやつにも今後やらないと決める。

私が休日出勤の日、家にいる夫と息子にMaxの世話を一日任せることに。

Maxは夫と相性が悪いのでどうなることかと心配だったが、帰宅してどうだったか聞いたら、わりとおとなしくしていたとのことでほっとする。

その直後、風呂場のラグにおしっこしているMaxを現場でつかまえる。Maxを一日うまくコントロールできたことにご満悦の夫には言えない。こっそり洗濯する。