BAD Shiba MAX 改善日誌

気性が荒い柴犬MAXが良い子に近付いていく記録、になりますように - Days with Bad-Tempered Shiba Inu Dog with Hope for Improvement

不審犬

ピンポーンというインターホンの音や近所の子供が遊んでいる音に吠えていたMaxだが、最近はこれはなくなった。廃品回収車のマイク放送とゴミ収集車の音にはまだ吠えるが、たしかにマイクの音声やトラックが走る音は大きいし、気になるのは仕方ないかと、今はあきらめている。

どうにかしたいと思っているのは、家の外を他の犬が通るとうるさく吠えることだ。大型犬が通るとかなりの確率で吠える。中型犬だと吠えたり吠えなかったりだが、相手が柴犬だと吠える確率は上がる。小型犬には吠えない。

自分より大きな犬や、自分と同じ犬種の柴犬には威嚇したくなるのだろうか。たまに吠えない時があるのは、相手が女の子なのかもしれない。吠えるのは犬の本能なのでコントロールできることではないのかもしれないが、インターホンの音には大丈夫になったのだから、他の対象についても大丈夫になるかもしれず、なんとかしたいとは引き続き思っている。何に対しても吠えることがない健太とは、えらい違いだ。

不審犬現る

そんな中、Maxが門の外に向かって、尋常じゃない吠え方をした。いつもより明らかにヒステリックな声で、ずっと吠え続けている。いつもならMaxの動向を逐一見張っているのは私だけなのだが、今回ばかりは、家族全員が何事だ?!と様子を見に玄関から飛び出す。

門の外に、首輪を付けていない柴犬がいた。うろちょろしながら、門の中の様子を伺っている。狂暴な様子はなく、単にさまよっている感じ。周囲に飼主は見当たらない。この犬に向かってMaxが反応しまくっている。すさまじい鳴き声だ。

興奮しすぎて触れないので、家の中に入れるのは無理だ。外に出て相手の柴犬を追い払うのが手っ取り早いが、門を開けると、Maxが飛び出すのを抑えられないだろう。Maxはそのくらい激高している。

裏門から外に出る。この家に引っ越してきて以来、裏門があってよかったと初めて思う。

犬を追い払い、しばらくしていなくなった。Maxは吠えるのをやめた。あの犬が、ちょっと離れたところでまたうろちょろしている。

きれいな犬で野良犬には見えず、この近所で野良犬は見かけないことだし、おそらく首輪を外した飼犬が家から脱走してしまったのだろう。どこのお宅のワンちゃんだろうかと考えるも、ご近所には柴犬が多くて、思い当たらない。無事に家に戻ればいいのだが。

それにしてもものすごい吠え方だった。でも、外部から侵入しようとしている不審者(不審犬)に反応して威嚇したのだから、番犬としてはこれでOKか。