BAD Shiba MAX 改善日誌

気性が荒い柴犬MAXが良い子に近付いていく記録、になりますように - Days with Bad-Tempered Shiba Inu Dog with Hope for Improvement

首輪抜けの原因から、噛みつき事件へ - Bitten Again

散歩中にリードを引っ張ったら首輪から抜けて脱走してしまったという、前回の話の続きになるが、なぜ抜けてしまったのか?

Maxの首輪は、首回りのサイズを知らせてから受注生産するというメーカーさんに発注して、ゆるすぎて抜けることもなく、きつすぎて苦しくもない、快適な首輪になるはずだった。

それなのに、なぜ?

原因は簡単、私の測り方に問題があったようだ。

ウェブサイトで首輪をオーダーした時、測り方については詳しい指示があって、犬の体のどの場所を図ればいいかという位置は写真で示され、くれぐれもぎゅーっと締めて測るように、との説明も言葉で書かれてあった。

その通りにぎゅーっと締めて測ったつもりだったが、手加減していたに違いない。すっぽ抜け事件があってから測り直したら、オーダーの時に知らせたサイズよりも、明らかに小さい。

首輪の大きさが合わなければ修正してくれるメーカーさんなので、正しいサイズを伝えて首輪を送り返し、小さく修正してもらった。修正の代金はかかったけれど、気に入っている首輪をそのまま使えるのはうれしい。今はもう、抜けない(何回か引っ張って試してみた)。

タイミング良く噛みつき事件

このブログを書いているちょうどその時、Maxが寝ている横を歩いたら、怒って噛みついてきた。

指から血が出る。

f:id:max-kenta:20201118183029j:plain

こちらも彼を怒らせるきっかけについては学習しているので、最近は噛みそうになってもかわせていたし、Maxも、私にこんなことをするのは少なくなっていた。なので油断していたけど、やっぱり根本的問題は解決していなかった。

Maxは、人を噛まないようにならないといけない。

今日みたいな小さい傷だったとしても、人間を噛んで傷付けてはいけない。

どうやってしつけたらいいのやら。